×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

岸和田だんじり祭(大阪府岸和田市)

岸和田だんじり祭(きしわだだんじりまつり)とは、大阪府岸和田市の祭りのこと。曳き手が走り、速度に乗っただんじりを方向転換させる「やりまわし」を見所として、多くの観光客を集める。幾つかの神社の祭りの総称で、基本的には地元の神社でその年の五穀豊穣を祝う祭り。その歴史は、1703(元禄16)年、時の岸和田藩主岡部長泰公が、京都伏見稲荷大社を岸和田城内三の丸に勧請し、五穀豊穣を祈願し、行った稲荷祭がその始まりと伝えられ、約300年の歴史と伝統を誇る。
岸和田市には全市で82台のだんじりがあり、大きく9つの地区に分かれる。そのうち2地区が9月に祭礼を行い、残りの7地区が10月に祭礼を行う。現在は合併により山手地区も岸和田市ではあるが、旧市のだんじり祭と山手地区のだんじり祭の起源は全く異なる。

◎岸和田地区のだんじりの曳行
欅で作られただんじりは鳴り物と呼ばれる大太鼓や鐘を備えている。町ごとに1台づつ持ち、岸和田旧市で22台が存在している。地車に100mほどの2本の綱をつけ、500人程度で地元の町を練り歩く。基本的には、16–23歳程度までの若者が綱を曳き、祀られている神が女であると信じられているため、女性を地車に乗せないが、曳き手として参加することは許されている。テレビ報道等では、地車が家の屋根を破壊する映像が取り上げられることが多いが、そのような事故はそう多くはない。
祭礼第一日目の早朝、午前6時から一斉に各町のだんじり21台(平成19年からは南上町が加わり22台となる)が通称カンカン場へ向かって繰り出し、やりまわしを行い、『曳き出し』が始まる。早い町は午前5時半頃には自町を出発し、『曳き出し』に参加する。第一日目午前9時過ぎより南海岸和田駅前にて『パレード』が行われる。第二日目の午前9時過ぎより祭の最大の神事『宮入り』が岸城神社・岸和田天神宮・弥栄神社で行われ、クライマックスに達する。特に、岸城神社に向かう際の岸和田市役所前(コナカラ坂)のシーンは人気があり、圧巻である。両日の午後7時から10時頃までの間は、『灯入れ曳行』(ひいれえいこう)と呼ばれ、約200個の提灯で飾られただんじりを小さい子供から老人まで楽しめるよう曳行し、昼間のだんじりの「動」に対し、雅やかな「静」を演出している。

祭(まつり、祭り)とは、神霊などを祀る(奉納参照)儀式。祭礼、祭祀(さいし)とも呼ばれる。

祭は神社や寺院をその主体または舞台として行われることが多い。その目的の多くとして五穀豊穣や大漁、商売繁盛、疫病退散、無病息災 等を祈願して行われるもの、またはそれらの成就に感謝して行われるもの、節句などの年中行事が発展して行われているもの、偉人の霊を慰めるために行われるもの等、行事の目的により時期や内容にも多種多様なものがある。
また同じ目的、祭神の祭りであっても 祭祀の様式や趣向または伝統などが、地方・地域ごとに大きく異なる場合も多い。
「まつり」という言葉は「祀る」の名詞形で、本来は神を祀ること、またはその儀式を指すものである。この意味の「祭」は、現在でも地鎮祭、祈願祭などの形で残っている。この意味では、神社や寺において個人で祈祷を受けることも「まつり」である。初期の「まつり」は、人目に触れない所で密かに行われるものであった。最も日本で古いものとしられているのは日本神話にでてくる天岩戸の前で行った儀式など。今日でも、中心となる儀式を限られた者のみで行う祭が一部にある。(伊勢神宮などの神主の奉仕、一般は奉賛、または奉納。)
祭の目的の中には時代の変化によって参加者達の利害とは離れてしまったものも多く、行事の内容も社会環境の変化等により変更を余儀なくされた祭もある。それらの結果、祭を行うことそのものが目的に成り代わっているような、目的から考えると形骸化した状況の祭も多い。このため、全くの部外者や、見物する者や参加する者という当事者にとっても「祭=楽しいイベント(お祭り騒ぎ)」という程度の認識しか持たれないことが多く、祭のために仕事を休むということは、例えば葬儀のためにということなどと比べると遥かに理解が得られにくい状況にある。
一般的に神社における祭礼には 神輿(神様の乗り物)をはじめとして山車・太鼓台・だんじりなどの屋台などが出されることが多く、これらは地方によって氏神の化身とされる場合や または神輿を先導する露払いの役目を持って町内を練り歩き、それをもてなす意味で沿道では賑やかな催しが行われる。
また、伝統などの違いにより例外もあるが 多くの祭りにおいては工夫を凝らした美しい衣装や化粧(厚化粧の場合が多い)を施して稚児、巫女、手古舞、踊り子、祭囃子、行列等により氏子が祭礼に参加することも多い。
基本的に神事としての祭りは厳粛な場面と賑やかな場面の二面性を持ち 厳粛な場面では人々は日常よりも厳しく、伝統や秩序を守ることを要求される。しかし一方で 日常では許されないような秩序や常識を超えた行為(ふんどし一丁、男性の女装、未成年の飲酒、等)も、「この祭礼の期間にだけは」伝統的に許される とする地方が多く、そのため賑やかな場面を指して「お祭り騒ぎ」などの言葉が派生している。

『ウィキペディア(Wikipedia)』より

お祭り情報ガイド

《アクティブクリスタル》ハッスルが大晦日にやってくる
... ラジヲ放送パート2 結果は・・ ・ ・光の玉1つ ヤター ・クリスタル2つ ・星屑3つ ・補助券2つショープロレスの方がわたしは好き! こういうのこそ、お祭りで大晦日っぽいですね。 月980円からですよ! アイポッド タッチ ナンダクロッキー ...
イルミネーション。
... やろう迫力 クリスマスまでに何回か模様替えするって言ってた また見に行きます 帰りも御幸辻の駅前近くのだんじり小屋前にクリスマスツリーやら電飾かなり綺麗 子供達、大興奮です そこからの帰り道にも毎年公民館かな?よくわから ...
試走
本番用のハンマに交換されただんじりは、だんじり保管小屋から王橋南を通って地蔵湯橋まで運ばれ、ここでだんじりの正面を駅通りに向けて、駅通りのセンターライン上に止めます。それから、下部の若頭1名がだんじりを後ろから勢いよく押してその惰性で ...
屋台村
... けっこう頑張ってるんでないかなぁ〓。と、思っています。 そして・・・。 わたし・・・。 お友達のお母さんに、お小遣い貰っちゃいました(^O^)/(子供かい!!) お祭りに行く子供のような気持ち!何年ぶりだろう(●^o^●) こんな風にイベントを ...
2007年の応援もあと1ヶ月
... さて、今週の土曜日は藤太厩舎のお祭り 日曜日はキャンター厩舎のお祭り となってほしいですねぇ。 今週は8頭の出走です。 12月1日出走 シルクサラマンダー/中山9R シルクプラチナム /中京2R 藤太さんの愛馬 シルデューク ...
ピンクの車
... だいたいお祭りの時のイメージが強くて、髪型は 「あんな感じでしょ。」 とかで見てるんですが。 本当の所は解るはずも無く。 「もしかして。髪型が違うと全然違う人だったりして。」 などと独り言です。 今日も底抜けに!好きな訳です。 ...
重賞展望#52
... 有馬記念はチャンピオンシップレースではなく、あくまでお祭りなのですよ。 安田康彦も丸山勝秀も田原成貴も、 ボク がタイーホします ステイヤーズS どう考えてもトウカイトリックだ。 ...
ブラックフライデー
... 何点かハシゴしたのですがお店によってはレジ待ち に約1時間などと聞き結局何も購入せずに帰ってきました・・・^^; この様子 ヘリコプターからも中継されていたようです。 お祭り、ですね^^ ちなみに、当日は何も購入しませんでしたが実 ...
スタッフの緊張度はいかほど!
... 結局のところ「ロックが好きだ」という一本の筋につながっているという。…好きなことを続けられるというのは羨ましい限り。 「世田谷Webテレビ」 日曜日は若林のお祭り。さて、どうやら出演は決まっているようだけど、何を弾かされるのやら。 ...
お酒に飲まれた若い頃
両親共にお酒が好きな家系のためか、私もアルコールを嗜むことになりました。昔のことで両親はお祭りや祝いの時のみで6人の子供を抱えて晩酌する余裕はなかったようです。 それに引替え、私は殆ど毎晩いただいてます。 ...
クリスマスからお正月まで
... 日本のお祭りもお神輿とか華やかなところもあるけど、やっぱりクリスマスは飾りつけのしがいがあって盛り上がります。残念ながら、明日、すっかり模様替えした図書館にびっくりするお客さんの顔が見られません。自分の都合なのでしょうがないですね。 ...
讃岐の祭り〓太鼓台とだんじり〓(2007年11月24日)
2007年11月24日、高松市玉藻町の香川県歴史博物館で開催されていた展示催し「讃岐の祭り〓太鼓台とだんじり〓」に行ってきました。 三豊市旧詫間町の箱浦太鼓台です。 明治期前期の製作。昭和30年代まで運行。(現在は休止中。) 布団締め。 ...
イノセンス発売まであと5日!
... 参加でもうしこんじゃった…! 自分でやりきれるようおいつめてますーがんばるぞ! いろんなサイトさんで盛り上がっててお祭りみたいで楽しいvv みなさんいろいろ情報早いですね。 雑誌もなにも買ってないのであんま詳細はしらないんですよね。 ...
CRそば屋の源さん
... 刃渡 ミカ お祭り好きの女の子。 関連情報 CR大工の源さん CR大工の源さん(しーあーるだいくのげんさん)は、三洋物産が発売したパチンコ機。いわゆるCR機に属する。CRギンギラパラダイスとならんでその爆発的な出玉で大人気となった。 ...
まだまだ・・・
... 仕事に燃えました ながもとでした ◆NiCOLニコル◆ハデカワ・キラキラネイルはニコルへ!ウェディングネイル・だんじりネイル・まつげパーマ
クラシックレース
... このレースは北海道開拓に活躍した農耕馬で農民たちがお祭り競馬として楽しんでいたものが現在の形に発展し、すでに35年以上の歴史があります。世界で唯一の「ひき馬」競馬として注目を集めています。現在は北海道遺産に認定されています。 ...
騒ぐコはいねぇがぁ〓
... 管理人さんのおじさんに 注意してもらったりと 努力はするものの、 またいつお祭りが始まるか わからない状態。 先生がおっしゃいました。 「今度は抜かなきゃいけないかもしれないねぇ。。」 ひえ〓 べつに報告せんでもって感じですけれども ...
クリスマス企画♪
... (爆) ふわふわがクリスマスーな雰囲気になってるといいな?(´∀`;) 全体図はクリスマスになったらお祭りページの紹介と クリスマス終わったらmixiでもサイトでもどっかに載せますね(笑) 超ールーズでスイマセン(笑) さて次は年賀状描き ...
クリスマスプレゼントにほしいもの☆その1!*^-^*
... 教会で神に祈りも捧げます! モスクに向かって 礼拝まではしませんが… クリスマスは、もはや 日本のお祭り行事 の一つなのです!(独断!) おいしいケーキと 素敵なプレゼント ゲットできる素敵な日です♪ …ということで! ネットで ...
相模湾のカマス釣・5回目
... と言うのは今日また勉強になりました、OY氏とお祭りした時にOY氏のサバ身餌の短冊を見ましたら全然法師の餌と違うのです。 やはり竿頭になるにはそれなりのキャリアと技術があるんですね。 それと丸セイゴ針は今日の様な海の悪い日は不向きなようです。 ...
カウントダウンはとっくに始まっていた
... 「物理学」とかいう単語がやたら出てくるトコやってんですよ。 いちいちドキッとしてるからもう重症ですよ。ほんと。 そういえば今日も素敵サイト様めぐりをしてたら素敵お祭り発見…! どうしよう!参加しちゃおうかな ...
芦安の地に来た武将 名取将監
... 他にも津島牛頭天王(つしまごずてんのう)を祀り、疫病に悩まされた人々の心を静め、旧暦6月15日には疫病退散を願い、祇園祭を行いました。 【写真】=妙定寺(この周辺は殿屋敷と呼ばれています) 名取将監は ...
ピンクの車
... だいたいお祭りの時のイメージが強くて、髪型は 「あんな感じでしょ。」 とかで見てるんですが。 本当の所は解るはずも無く。 「もしかして。髪型が違うと全然違う人だったりして。」 などと独り言です。 今日も底抜けに!好きな訳です。 ...
ロイ・クラトン (Loi Krathong)
... 農民の収穫に恩恵深い水の精霊に感謝を捧げ、また罪や汚れを水に流し、魂を清めるお祭りが行なわれます。人々は、バナナの葉や紙で作った灯篭を、ロウソクや線香や花で美しく飾り、満月を映す水面に流します。 ...
讃岐の祭り〓太鼓台とだんじり〓(2007年11月24日)
2007年11月24日、高松市玉藻町の香川県歴史博物館で開催されていた展示催し「讃岐の祭り〓太鼓台とだんじり〓」に行ってきました。 三豊市旧詫間町の箱浦太鼓台です。 明治期前期の製作。昭和30年代まで運行。(現在は休止中。) 布団締め。 ...
騒ぐコはいねぇがぁ〓
... 管理人さんのおじさんに 注意してもらったりと 努力はするものの、 またいつお祭りが始まるか わからない状態。 先生がおっしゃいました。 「今度は抜かなきゃいけないかもしれないねぇ。。」 ひえ〓 べつに報告せんでもって感じですけれども ...
距離。
... 明日は、みけマンマの実家のお祭りで、ユーコ・チーコがとても楽しみにしているので、連れて行かないわけには行きません(汗) とりあえず、一泊して、日曜日には帰ってきて、昇段審査にむけて稽古でございます。 ...
クリスマスからお正月まで
... 日本のお祭りもお神輿とか華やかなところもあるけど、やっぱりクリスマスは飾りつけのしがいがあって盛り上がります。残念ながら、明日、すっかり模様替えした図書館にびっくりするお客さんの顔が見られません。自分の都合なのでしょうがないですね。 ...
ブラックフライデー
... 何点かハシゴしたのですがお店によってはレジ待ち に約1時間などと聞き結局何も購入せずに帰ってきました・・・^^; この様子 ヘリコプターからも中継されていたようです。 お祭り、ですね^^ ちなみに、当日は何も購入しませんでしたが実 ...
相模湾のカマス釣・5回目
... と言うのは今日また勉強になりました、OY氏とお祭りした時にOY氏のサバ身餌の短冊を見ましたら全然法師の餌と違うのです。 やはり竿頭になるにはそれなりのキャリアと技術があるんですね。 それと丸セイゴ針は今日の様な海の悪い日は不向きなようです。 ...
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30