×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

祭(まつり、祭り)とは、神霊などを祀る(奉納参照)儀式。祭礼、祭祀(さいし)とも呼ばれる。

祭は神社や寺院をその主体または舞台として行われることが多い。その目的の多くとして五穀豊穣や大漁、商売繁盛、疫病退散、無病息災 等を祈願して行われるもの、またはそれらの成就に感謝して行われるもの、節句などの年中行事が発展して行われているもの、偉人の霊を慰めるために行われるもの等、行事の目的により時期や内容にも多種多様なものがある。
また同じ目的、祭神の祭りであっても 祭祀の様式や趣向または伝統などが、地方・地域ごとに大きく異なる場合も多い。
「まつり」という言葉は「祀る」の名詞形で、本来は神を祀ること、またはその儀式を指すものである。この意味の「祭」は、現在でも地鎮祭、祈願祭などの形で残っている。この意味では、神社や寺において個人で祈祷を受けることも「まつり」である。初期の「まつり」は、人目に触れない所で密かに行われるものであった。最も日本で古いものとしられているのは日本神話にでてくる天岩戸の前で行った儀式など。今日でも、中心となる儀式を限られた者のみで行う祭が一部にある。(伊勢神宮などの神主の奉仕、一般は奉賛、または奉納。)
祭の目的の中には時代の変化によって参加者達の利害とは離れてしまったものも多く、行事の内容も社会環境の変化等により変更を余儀なくされた祭もある。それらの結果、祭を行うことそのものが目的に成り代わっているような、目的から考えると形骸化した状況の祭も多い。このため、全くの部外者や、見物する者や参加する者という当事者にとっても「祭=楽しいイベント(お祭り騒ぎ)」という程度の認識しか持たれないことが多く、祭のために仕事を休むということは、例えば葬儀のためにということなどと比べると遥かに理解が得られにくい状況にある。
一般的に神社における祭礼には 神輿(神様の乗り物)をはじめとして山車・太鼓台・だんじりなどの屋台などが出されることが多く、これらは地方によって氏神の化身とされる場合や または神輿を先導する露払いの役目を持って町内を練り歩き、それをもてなす意味で沿道では賑やかな催しが行われる。
また、伝統などの違いにより例外もあるが 多くの祭りにおいては工夫を凝らした美しい衣装や化粧(厚化粧の場合が多い)を施して稚児、巫女、手古舞、踊り子、祭囃子、行列等により氏子が祭礼に参加することも多い。
基本的に神事としての祭りは厳粛な場面と賑やかな場面の二面性を持ち 厳粛な場面では人々は日常よりも厳しく、伝統や秩序を守ることを要求される。しかし一方で 日常では許されないような秩序や常識を超えた行為(ふんどし一丁、男性の女装、未成年の飲酒、等)も、「この祭礼の期間にだけは」伝統的に許される とする地方が多く、そのため賑やかな場面を指して「お祭り騒ぎ」などの言葉が派生している。

『ウィキペディア(Wikipedia)』より

links しょなのミニミニ動物記 /みっき☆の日々ノート♪/きょんの不思議探検隊 /産後ダイエット/夕暮れ時のかわら版/ドラ猫コテツのニュースな速報!/これなら稼げるパチンコ&パチスロ/